スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆乳作り 
 
初めて豆乳を作りました。
大豆は畑の肉って言われるほど栄養価が高く、大豆で出来る豆乳のカルシウム、ミネラル、ビタミンは牛乳よりも吸収率がよくて、乳児の発育や健康作りに無理のない形で栄養になるそうです。
早速作ったらできたてはとっても美味しくて、黒砂糖を少し入れて温めて飲むと身体もぽかぽかでした。特に大豆アレルギーもないのでハルにも飲ませてあげました。
DSCF2379_convert_20081128095410.jpg
作り方
1,大豆2合を一晩水につける。
2,ミキサーで二倍の水を入れて混ぜる。
3,焦げないようにかき回しながら煮る。
4,沸騰して7~8分。
5,布巾で絞る。出来たのが豆乳で、残りがおから。
スポンサーサイト
ごますり☆大根おろし 
 
先週、行き当たりばったりで陶器市に行くことが出来、素敵な台所道具に出逢いました
DSCF2378_convert_20081128095308.jpg
ごまは炒ってすり鉢で擦った方が断然風味もおいしさも違います。
これはほどよい大きさで、擦ったごまの中にポン酢を入れてそのまま食卓へ・・・
鍋の美味しい季節、なおいっそう味も引き立ちますね
大根おろしもこんなに気持ちよくおろせるんだ~と感動ものでした
いつもおっくうになっていた一手間も、いい道具に出逢えて楽しくなりそうです
紫芋茶巾! 
 
畑をお借りしたおばあちゃんが芋をくださったので早速芋団子をしようとしたら、団子粉がなかったので、独身時代していた学童で、おやつによく作った茶巾絞りを作りました。 大豆をうってるおばあちゃんに3時のお茶請けに持って行ったらとっても喜んでくれました。このおばあちゃんの笑顔がまた可愛らしくて、私も嬉しくなりました
DSCF2358_convert_20081114203039.jpg
作り方は適当なんですが、ハルが産まれて使う素材も少し自然なものに変わりました。
蒸したお芋に、豆乳・てんさい粉を混ぜて胡麻を振りかけたかなり簡単で素朴な味です。
畑を借りました! 
 
実家を離れてこの町に引っ越してきて1年半くらいたちました。 
5分も行けばスーパーやコンビニは数え切れないくらい建ち並んでいます。
畑から採れたての野菜を当たり前のように食べていた27年間。このありがたさには全く気づきませんでした。便利なところではありますが、なんだか味も素っ気もない生活になんだか寂しさを感じるようにもなり・・・
そんなとき、ファミリーサポート事業でハルをちょっとしたときに預かってくださる方に「自分の食べるくらいの野菜が作りたいなぁ」と話をしたところ、その方の繋がりで畑を貸していただけることになったのです。
ホント縁はどこにあるか分かりません
車で15分くらいの山の中にあるおばあちゃんの家の庭先の小さな畑なんですが、これがまた雰囲気も畑の広さもちょうどいいんです!
旦那さんの転勤で来ることがなかったら、きっと一生知らない所だし一生出逢わない人達だよなぁ・・としみじみ感じることでした。
これがお借りした畑です。
DSCF2361_convert_20081114203131.jpgDSCF2371_convert_20081114203303.jpg

隣はおばあちゃんが作ってます。この日は収穫した大豆を干したのがカラカラになったのでサヤから出してるところみたいです。「大豆をうってるところだよ」
と教えてくれました。 初めて見る光景に感動しっぱなしでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。